教育支援を目指した情報の場

日本の英語教育の問題点

多くの日本人は英語に対して苦手意識を持っており、学校教育で英語を履修しているにも関わらず英会話ができる人も限られています。
それは学校の英語教育がテスト対策を重視しており、ボキャブラリーや文法に重心を置きすぎているためであると考えられます。
日本人は頭が良く勤勉であるため、学校で勉強した内容についてはある程度理解できています。
しかし、実際に使用するときに現実問題としてうまく応用できないところがあります。
特に英語に関してはあまり自信がないことから積極性も失ってしまい、うまく使用することができません。
あくまで英語は言語であり、使わなければ習得することが難しいです。
テストとは異なり、頭で十分に考える時間はありません。
人と会話をするときに日本語から英語に置き換えて話そうとすれば会話に行き詰まります。
文章を読むことや、正しい文法で話すことはもちろん大切ですが、言語で最も重要なことは話すことです。
日本の英語教育では難しい単語を知らなくても、文法が多少間違っていても一生懸命伝えようとすれば言葉は通じるということを教えなくてはいけません。
幼児の間違った日本語でも大人は言葉を理解できます。
それと同じように積極的に伝えようと努力すれば会話は成り立ちます。